カテゴリ:息子の観察日誌( 117 )

息子初の運動会。土曜日予定だった運動会が雨のために順延になって
今日が運動会だったんですが、天気になって暑いくらいでした。

幼稚園の運動会なので、小さい規模でちょこっとやるくらいなのかな〜と思ったら
園児の多い幼稚園なのでそのお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんが集まると
ものすごい人数で、けっこう大きな規模の運動会でした。
父母のみならず、祖父母も参加する競技があり思っていた以上に盛り上がっていました◎

息子はまだ年少なので3つくらいの競技に参加しただけでしたが
せっかくなので撮影しておこうと思ったら
なかなかの忙しさ。いい場所で撮影しようとすると競争率が高く大変で
場所取りや撮影に必死になる人たちの気持ちがわかりました。
これで兄弟でもいて何種目も参加してると
ゆっくり見ながら楽しむどころじゃないですね(笑)

息子の家では見れない姿が見れたので大満足でした。
1日外で運動して息子もちょっとお疲れの様子。

おつかれさまでした◎
楽しかったね〜
f0182005_16322391.jpg
f0182005_16320981.jpg
f0182005_16323065.jpg
f0182005_16321639.jpg


[PR]
息子が幼稚園で作って来る工作の作品が、いつも、箱と筒の組み合わせのものばかりだったんですが、先日違う物を作って来た。
これは明らかにあわかる
トイレットペーパーの芯を二つ繋げて、毛糸を付けて首から下げられるようにしてある。
双眼鏡だと思う。
ようやく何かわかるものを作って来たけど、それはそれで。ちょっと残念だったりする(笑)
今のこの時期しか作れないものをいっぱい作って欲しいなぁ

f0182005_13452362.jpeg
f0182005_13440652.jpeg

[PR]
今日は、息子の4才の誕生日。

今年から幼稚園に通いはじめて、いっきに成長しているように感じます。
家が大好きな息子は、幼稚園に通う時は、グズったりするんかな〜と心配してたりしたんですが
全然そんな事はなく、案外すぐに幼稚園を楽しめるようになってた。
夏休み明けも、長い休みだったからグズるんちゃうかな〜と思ってたけど、全然へっちゃらで楽しそうに毎日を過ごしてる。
家でも友だちの名前が良く出てくるようになったし。
幼稚園で覚えた歌や遊びを教えてくれたりする。

誕生日前は、何日も前から「もうすぐ誕生日だから」といって楽しみにしていて
数日まえから毎日カウントダウン。
今朝は、いつもより早く起きてきて
ぼくたちが用意していたプレゼントのレゴを嬉しそうに作っていました。
ぼくが息子のために描いた絵も気に入ってくれてたみたいで
「飾る絵が欲しかったんだ〜。ぼくの部屋に飾る〜(いつも遊んでる部屋)」と言ってくれてました。ホント泣ける(笑)

もうすぐ4才になるんやからと、ご飯も良く食べるようになり。
遊んだオモチャも片付けられるようになってきた。
まだまだ甘えん坊の息子ですが、ちょっとずつお兄さんになってきてるんやな〜

いつも自分らしくのびのびしているので
このままのびのび育ってくれたら何もいう事はないよ〜。

4才の誕生日おめでとう。
この1年もあなたにとって楽しく素敵な1年でありますように
f0182005_10422767.jpg
f0182005_10421798.jpgf0182005_10420597.jpg
f0182005_10415530.jpg
f0182005_10413438.jpg
f0182005_10412688.jpg
f0182005_10411728.jpg

[PR]
先日、息子が幼稚園で作った工作を持って帰ってきた話を書きましたが
その次の日もまた作ったものを持って帰ってきていました。
箱の形や筒の大きさが違うものの
1回目と同じようなものを2回目も作ってきました。2つも。
どうやらこの形の物にハマっているようです◎

絵を描いたり、物を作ったりすることに興味があるのは良い事やな〜と思うので
家でも一緒に工作していきたいな〜と思う。

初期の作品なのでとっておいてあげないとですね〜

f0182005_16512020.jpg
f0182005_16514730.jpg
f0182005_16515660.jpg
f0182005_16512920.jpg
f0182005_16513963.jpg

[PR]
ず〜っと楽しみにしていた夏休みが始まって、息子は毎日テンションが高い。
予定もいっぱいで、プールに行ったり、水族館に行ったり、盆踊りに行ったり、ご近所友だちの家にお泊まりしたり
この後も海に川に楽しいことがいっぱい。
親父は仕事でなかなか遊んであげる事が出来ないんですが、ご近所友だちがいっぱい遊んでくれてるので本当に助かってます◎
近所のプールや地元に帰った時に海や川には連れていってあげたいと思ってます(泳いでばっかりやなw)
息子と奥さんは昨日から奥さんの実家に帰ってるんですが
帰る前から「あっくん(奥さんのお兄ちゃん)とかき氷食べに行くんだ!」と楽しみにしていました。

ホンマに遊んでくれる人がいっぱいおって良かったね〜

親父も仕事の合間に息子と一緒に夏を味わいたいぜ〜
出来る時にしっかり仕事を進めとかねばっ


f0182005_13330369.jpg


f0182005_13321281.jpg
f0182005_13315948.jpg
f0182005_13325128.jpeg

f0182005_13324201.jpg
f0182005_13322885.jpg
f0182005_13322047.jpg

[PR]
「おかめ列車」という絵本を読んでいる時に(おかめ列車というおかめの顔がついた列車が兄妹を飲み込むところからお話が始まる)
もし飲み込まれたらどうする?
と息子と話をしていたら
電車好きな息子は、喜ぶかなと思ったんですが
「飲み込まれたらびちゃびちゃになっちゃうじゃん!」と
思ったよりも具体的に想像してるんやね。。

3歳児の想像力を見くびってたわ(笑)

f0182005_09572504.jpg
f0182005_09560842.jpgf0182005_09563834.jpg



f0182005_09583695.jpgf0182005_09575457.jpg

[PR]
だんだんと幼稚園にも慣れて、ご飯もよく食べるようになり
言葉の頃もどんどん増えてきました。
まだまだ食にはあまり興味はないようですが、以前に比べるとずいぶん量が増えました。
自分から真面目に食べる事を全然してくれないので、ぼくたちが、かなり世話を焼かないといけないんですが。。。

最近の息子語録

「うち」
いままで自分の事は名前で言ってたんですが、突然言った1人称が「うち」だったのでビックリしました。
その1回きりでした。

「びっくりするくらい震えちゃった」
スプーンでご飯を食べようとしている時に、こぼした時の一言。怒られると思ったのか、満面の笑みでこの言葉を言ってました。

「ウンコはおしりの中にあるやつでしょ」
ウンコという言葉を聞いた時に言った一言。

「コーヒー!濃いめに入れてね!」
何を飲むと聞かれた時に言った一言。


こっちが真剣に叱っている時にも、こういう事を言われて吹き出してしまいます♨︎

ホンマに困ったやっちゃ
f0182005_17232942.jpg
f0182005_17235923.jpg
f0182005_17242932.jpg
f0182005_17251862.jpg
f0182005_17263849.jpg

[PR]
前々から思ってたけど、我が息子ながら
驚くほど人懐っこいなー。この子はと思う。
先日サッカー観戦しに行った時でも、前の座席の人たちが、とてもいい人たちだったので、試合か始まる前から、積極的にちょっかいをかけて、もたれたり、触りに行ったりして、お話ししてもらったり遊んでもらったりしていた。
誰にでも、そんな風にするんじゃなくて、息子なりの判断基準があるのか。
雰囲気でわかるのか。ちゃんと構ってくれそうな人を選んでちょっかいを出してるように思う。
恐るべき子どもの本能!

試合自体をしっかり観ている感じではなかったけど
シュートが決まった時には、前の人たちと抱き合って喜んだり。ハイタッチしたりして
最終的には、1番楽しんでいたようでした(笑)

どこに行っても、こんな調子なので、いろんなことに可愛がってもらってます◎

息子が、ちょっと羨ましいな〜♨︎
f0182005_09403293.jpg
f0182005_09433051.jpg
f0182005_09445865.jpg

[PR]
念願の幼稚園に入園した息子は、給食が楽しみらしく。
朝起きて幼稚園やで。と言うと、「やった〜◎きゅうしょくたべれる〜」と喜ぶ。
帰って来て、「給食はどうだった?」と聞くと、「あんまりたべなかった!」と答えたりする。よくわからんやっちゃ(笑)
それでも、楽しそうにいってるので、いいか♪

奥さんが自転車で送り迎えしてるので、自転車の後部に付ける座席を買ったんですが、よほどそれが、嬉しいらしく、「ぐるっとまわりにいこう!」と言って、自転車に乗せて近所を一回りさせられたりしてる。

楽しそうで、良かった良かった◎

ぼくも、給食食べたいな〜
息子がちょっと羨ましい親父でした。。
f0182005_18204258.jpg
f0182005_18211084.jpg
f0182005_18213169.jpg

[PR]
前から、いつか一緒に息子とスノーボードを滑れたらいいな〜と
思っていたんですが、とうとう今年スノボードデビューしました◎

何事も初めは肝心で、怖い目にあったり、痛い目にあったりすると
トラウマになってしまって、これからに響いてしまうので
ちょっと心配だったんですが
初めブーツを履いた時は、嫌だと泣いてすぐに脱いでしまったので
「あ〜これは、アカンかな〜」と思ってたんですが
雪遊びをしてる内に、テンションが上がってきて
「もう一回やるかい?」と聞いたら、「リフトに乗りたいからやる!」とやる気満々。

なだらかな斜面で、ビンディングに紐をくくりつけて
後ろから引っ張りながら速度を調節して何度か滑らせてみると
重心が低いからか、転ぶことなく、上手に滑る。滑る。
「もっとはやく!もっとはやく!」とスピードにも慣れてきたみたいで
何度も何度も、斜面を登ったり降りたり。
暑い日だったので、ぼくは汗だくになりましたが
息子は楽しそうに滑ってました。
ゆるい斜面だと全然怖がることなく、大丈夫そうだったので
「じゃ〜リフト乗ってみよか?」と言うと「いく〜」と息子。
2人分のボードを息子を担いでリフト乗る。
ビンディングに紐をつけて、息子を前に滑らせながら、後ろから紐を引いて滑っていく。
これがなかなかスピードの調整が難しく遅くなりすぎたり、早くなり過ぎたり。
紐がじゃまで滑りにくいし。ちょっと紐離しても、前に回ってキャッチしたら大丈夫かなと思って
紐を離したら、途端にスピードがあがって
追いかけても追いつけない。。(汗)

どんどんスピードがあがって、半泣きの息子。
ヤバいな〜と思ったら、自分で前に手をついて転んで止まった。。
これは、もう嫌がって無理かな〜と思いましたが
泣いてる息子をなだめると、意外にもすぐに立ち直った。
さすがにその後一人で滑らすのは、無理だったので
息子を抱え上げて滑り降りてきましたが、また下の方のなだらかな斜面を後ろから
紐をひっぱりながら滑ることができたので
息子も満足そうでした。

帰ってきてから、「またスノボいく?」と聞くと
「もっとおっきいリフト乗れるようになりたいから、いく!」と頼もしい返事が帰ってきました◎
息子のスノボデビューは上手くいったようです。

あ〜良かった良かった♨︎

来年も一緒に行こね〜

f0182005_17474021.jpgf0182005_17472557.jpgf0182005_17473112.jpgf0182005_17474649.jpgf0182005_17471742.jpg
[PR]