カテゴリ:Travel( 98 )

昨日は、朝ご飯を食べて、前の晩から出てみたかったお庭に出て散策。
散策出来るくらい広〜い。
庭には、もも、さくらんぼ、アプリコット、プラム、木いちご、リンゴなどなど沢山の果物の木があって
アントワヌのお母さんは、庭で獲れたくだもので、手作りジャムをそれぞれの種類作ってる。
子ども用の小さなブランコがあったり。小さな物置小屋があったり。小鳥の巣箱があったり。
これが庭の木ですかってくらい大きな木が何本もたってたり。
ステキ過ぎる庭。息子はブランコが気に入ったらしく
お出かけする直前までブランコに乗ってました。
午前中は、家から車で30分ほどいった町でやってるブロカントへ。
ここは、近所の人たちが家族でやってきてフリーマーケットをやっているような雰囲気で売っているものも、ビックリするくらい安い値段。
天気もよく暑いくらい。
お昼はお母さんが料理を作って待っていてくれるのでいったん家に帰る。
帰り道に気になったお城によったり。小さな田舎町を通ったり。
フランスの田舎に住みたくなるようなところばかり。

お母さんの料理はどれもいままで食べた事がないようなものが出て来て
これがフランスの家庭料理か〜と感動しっぱなし。
味もさることながら、量がスゴい。
大きな皿にド〜ン。もうお腹いっぱいで入りません〜っていうくらい食べた後に
「チーズはいかが?」「ヨーグルトはいかが?」
と聞かれる。それを食べたら終了かなと思ったら
「デザートにアプリコットのタルトはいかが?」と次から次へと料理が出て来る。
どの料理も美味しいので、パンパンのお腹なのに食べてしまう。
最後のタルトが出た時は、ホンマに入らないので小さく切ってもらって食べたら
「そんなに少ししか食べないの?食べ切るまでに何日かかるかしら?」と笑われてしまった♨

午後からは、車で5分ほどの近所にある「車とバイクと自転車の博物館」へ。
祝日なのに(祝日だから?)全然人がいなくてお客さんはぼくたちだけの貸し切り。
息子もぼくもテンションがあがってはしゃぎまくり。
ぼくはスケッチをして息子は、無人の館内をあっちへ行ったりこっちへ来たり。走り回ってました(笑)
夕方までたっぷり博物館を楽しんで。家に帰って晩ご飯までの時間をのんびり過ごす。
みんなそれぞれ思い思いの事をしてました。息子とキキはお昼寝(夕寝?)
アントワヌに庭を案内してもらう奥さん。ぼくは、庭から見える家をスケッチ。
贅沢な時間の使い方やな〜。

そして、晩ご飯もお腹がはちきれるほど食べて就寝。
今日は、何をしよ〜かな〜

f0182005_16334537.jpg
f0182005_16314690.jpg
f0182005_16344429.jpg
f0182005_16342691.jpg
f0182005_16340588.jpg
f0182005_16321929.jpg
f0182005_16331119.jpg
f0182005_16324371.jpg
f0182005_16310580.jpg
f0182005_16303677.jpg
f0182005_16294776.jpg
f0182005_16285801.jpg
f0182005_16292543.jpg
f0182005_16284312.jpg
f0182005_16300765.jpg
f0182005_16281986.jpg

[PR]
by nakagawa-takao | 2014-05-30 16:38 | Travel | Comments(0)
昨日の夜からシャテルローにあるアントワヌの実家に遊びに来ています。
フランスでパリ以外に宿泊するのは初めてで
アントワヌの実家は、素敵な大きな庭のある一軒家。
到着が夜だったので、写真は撮ってませんが、日本人のぼくらから見れば、現実離れしたお家。
家の中にあるもの1つ1つにイチイチ。お〜っ!とか。うわ〜!とか。声がでてしまうものばかり。
お父さんとお母さんに温かく迎えてもらって
お母さんの美味しい手料理をごちそうになりました。フランスの家庭料理に感激!!

息子は、プレゼントにトラクターのおもちゃを頂いて大喜び。
ぼくらがご飯を食べてる横でず〜っと楽しそうに遊んでました◎

中川家は地下にある部屋を1つ借りたんですが
そこには、お孫さんようにベビーベットがあり、息子はそのベットが気に入ったらしく
「ここでねる〜」といって。
初めてぼくたちとは、別の布団で寝ました(早くも親離れ!?)
息子の成長に嬉しいような寂しいような複雑な心境。

今日は、祝日らしいので、ブロカントに行ったり、アントワヌに案内してもらって
シャテルローを散策する予定。

お父さんお母さん。四日間お世話になります〜

あ〜楽しみやな〜

来る時は、安いチケットをとってもらって電車に乗ったんですが、プレミア席だったらしく新幹線のグリーン車のような豪華な席でした。
息子も大興奮!テンションが上がり過ぎて声がデカくなってたので。「そんなに大きな声で騒いでたら車掌さんに降ろされるよ」と
言うと相当怖かったらしく。車掌さんがそばを通るたびに小さい声で「しゃしょうさんキライ」と言ってました(笑)
f0182005_14422254.jpg
f0182005_14415758.jpg
f0182005_14425467.jpg
f0182005_14431966.jpg
f0182005_14434568.jpg
f0182005_14440411.jpg
f0182005_14442370.jpg

[PR]
by nakagawa-takao | 2014-05-29 14:53 | Travel | Comments(0)
展覧会をしていたエスパソジャポンは、ギャラリー以外にも
日本の本を貸し出ししている図書館や
日本語教室やあみぐるみ教室などいろいろな教室をしているんですが
その教室の先生の友人がパリでイラスト専門のブティックをしているらしく
紹介してもらって、作品を見てもらってきました。
とても気に入ってくれた様子でした◎

原画の販売ではなく、枚数限定で印刷したものを販売するというもので
ぼくの絵も取り扱いたいと言ってくれてさっそく契約書をもらいました。
まだ友人のアントワヌとキキにお手伝いしてもらって、契約書を読んでる段階なので
どうなるかわからないですが
納得のいくような契約が出来れば、パリで作品を販売してもらう事になるかもしれません。
パリでもたくさんの人に作品を知ってもらえたらいいな〜

面白い看板が並ぶ素敵なパッサージュ(屋根のある古い商店街)の中にある小さなお店でした。

アントワヌとキキには、お世話になりっぱなしです。
ホンマにありがと〜。

お世話になりっぱなしついでと言ってはなんですが
今日の夜4日間。アントワヌの実家の方に遊びに行かせてもらう予定です。(どんだけお世話になんねんっ)
大きな庭があるお家らしいので、バーベキューが出来たら嬉しいな〜
フランスの田舎の暮らしを体験出来るなんて、ホントに贅沢ですね。
どういう感じなのか、いまから楽しみです♨
f0182005_13515432.jpg
f0182005_13494200.jpg
f0182005_13492780.jpg
f0182005_13513633.jpg
f0182005_13500116.jpg
f0182005_13505782.jpg
f0182005_13511508.jpg
f0182005_13504020.jpg

[PR]
by nakagawa-takao | 2014-05-28 13:58 | Travel | Comments(0)
フランスに来てから、息子は毎日よく動くので
いままであんまり食べなかったご飯をモリモリ食べるようになった。
寝る時間も増えた。よくしゃべるようになった。
今朝も、寝言で「ガタン。ゴトン。しゅっぱつしま〜す」としゃべるくらい
毎日楽しそう。ホンマにようしゃべるわ〜
よく食べるしよく寝るので、背も伸びたし体重も増えてそうやな〜と思って
昨日身長と体重を計ってみたら、ほとんど変化無し。
あれっ。。。おっきくなったと思ってたんやけどな〜
器がデカくなったんかな〜♨

f0182005_18574415.jpg
f0182005_18571130.jpg
f0182005_19013089.jpg
f0182005_18594134.jpg
f0182005_18580661.jpg
f0182005_18585428.jpg
f0182005_19005946.jpg
f0182005_19003587.jpg
f0182005_19015298.jpg
f0182005_18583548.jpg
f0182005_19000927.jpg


[PR]
by nakagawa-takao | 2014-05-27 19:04 | Travel | Comments(0)
昨日は、天気が良かったので、パリから1時間ほどの郊外にあるジヴェルニーという町へ行って来ました。
目的はモネの庭。
モネの庭は、フランスの画家クロード・モネが作った庭で。睡蓮の池があったり花が咲き乱れる庭を作ったり。
モネが住んでいた家を公開したりしているところです。
日曜日は電車の本数も少ないらしく、同じ駅で降りる人が多い。
観光客がめちゃめちゃ多かった。
バスに乗っていく距離にあるらしく、みんなバス停に並んで大混雑。
これは、このタイミングでバスにならんでたら、時間がもったいないし。息子もグズリだすな〜という判断で
お昼ご飯を食べるところを探しながらジヴェルニーの町を散策。
古〜い建物がいたるところに残ってる小さくて可愛い町。
川には水車小屋があるらしいので、川に向かう。
ブラブラしているだけで楽しくなって、写真を撮ったり、カフェしたり。パン屋さんでお昼のパンを買ったり。

川について橋を渡ると河川敷にアヒルや鴨がいるお昼を食べるにもってこいの場所があったので
そこでアヒルたちにパンをあげながらのんびりランチ。

町を堪能したのでモネの庭に移動。
初めは、人も多いし。作られた感があって遊園地のアトラクションみたいやな〜という印象だったんですが
庭の中にいるうちに、この庭でいろいろな時間を味わいたい。ほかの季節。他の天気も味わってみたいと思うような
味わい深い庭でした。
着いた時は、溢れるくらい人が多かったけど、スケッチしたり写真とったり。ベンチでゆっくりしたりしているうちに
閉庭前にはほとんど人がいなくなって、じっくり楽しめました。
途中パラパラとにわか雨が降ったりしたけど、息子はタイミングよくお昼寝したりして、1日ゴキゲンに楽しんでました。

また違う季節に来たいな〜

f0182005_15585274.jpg
f0182005_15580029.jpg
f0182005_16000717.jpg
f0182005_15582385.jpg
f0182005_15591759.jpg
f0182005_15594331.jpg
f0182005_15555818.jpg

f0182005_15571066.jpg
f0182005_15561758.jpg
f0182005_15564578.jpg
f0182005_15552941.jpg
f0182005_15573284.jpg
f0182005_16003568.jpg
f0182005_16005954.jpg
f0182005_16012446.jpg

[PR]
by nakagawa-takao | 2014-05-26 16:06 | Travel | Comments(0)
1年半前に来た時は、息子が小さかったのと12月で寒かったので
全然スケッチをする事が出来なかったんですが
今回は、息子も大きくなり。遊んで待ってくれるようになったので
スケッチをする時間が出来た。嬉しい。
でもなりゆきメンバーのタケウマ先生のようにスケッチは普段からやってないとダメですね〜
トレーニング不足で全然見て描きたいと思う線がひけません。
これを機に普段からスケッチブックと色鉛筆は持ち歩いてスケッチしようと思います。

今日は、朝からジヴェルニーのモネの庭に行ってきます◎
ええ天気やし。楽しみやな〜

フランスの公園はメリーゴーランドが置いてあっていいですね〜。小さい公園にもある。
毎回公園に行く度に息子が乗りたがるのでちょっと困りますが。。
f0182005_14114063.jpg
f0182005_14111740.jpg
f0182005_14141269.jpg
f0182005_14122379.jpg
f0182005_14163200.jpg
f0182005_14100685.jpg
f0182005_14093510.jpg
f0182005_14105088.jpg
f0182005_14103189.jpg
f0182005_14120863.jpg
f0182005_14091013.jpg
f0182005_14084166.jpg
f0182005_14165106.jpg
f0182005_14124644.jpg

[PR]
by nakagawa-takao | 2014-05-25 14:22 | Travel | Comments(2)
バルセロナ3日目。午前中は、スペインの蚤の市も見てみたいって事で、エンカンツのブロカントに行って来ました。
調べてみるとエンカンツは、アパートからツーブロックくらいの距離。これは楽勝で歩いて行ける。
少しあるくとエンカンツの駅に着いた。
でも蚤の市をやっているような場所は見当たらない。
一応、インターネットでどういう場所でやっているかの写真だけはみていたので、この辺ではないな〜。と言うのはわかる。
なんとなく、あっちの方かな〜と見当をつけて歩いていると、どんどん駅から離れて行く。
なんとな〜く蚤の市の場所に近づいてる気がするので、どんどん進んでいくと蚤の市の場所を見つけた時には
かなりの距離を歩いてました。予想以上に遠かった〜。バスか電車に乗って行く距離だった。。。

一時間くらい蚤の市をブラブラ。フランスにもいろんな蚤の市があって、キレイに商品が並べてある蚤の市から、これは拾って来たやろ!っていうようなものを直接地面に並べてあるようなものまで。エンカンツの蚤の市は、これは拾って来たやろ!っていうようなものが雑多にぶちまけたような蚤の市。
値段を聞いてみるとけっこう高い。
家具は、雰囲気のあるいいものが多かったけど、オモチャや本なんかは、ホンマにボロボロなものが多かった。
雰囲気を味わえたので、ガウディの作品。グエル公園に向かう。
途中、どうしてもスペインで食べたかったパエリアを食べる。
ホンマに旨かった〜

トラムやバスを乗り継いでグエル公園に着いた時には、かなり気温もあがって暑いくらい。
山の上の方にあって、公園内は、上り下りが激しく階段も多かったけど
バルセロナの町が遠〜くまで見渡せて眺めは最高でした。

ここもサグラダ・ファミリア、カサ・バトリョ同様。感心しっぱなし。
どこを見てもホェ〜!ウワ〜!スゴいな〜!の連続。
ガウディの作品は、設計図もなしに、それを作れる技術と想像力。一緒に作った職人さんの腕の良さ。
お金と時間のかかりかた。考えただけでクラクラしてしまうほどスゴいものばかりでした。
いや〜いいもん見れた。
スペインは、また絶対来たいな〜

大人でも疲れるくらい広い公園内を、息子は終始走りまわってました。
広い場所に来るとテンションがあがるらしい。ルイと一緒に仲良く走り回ったり。ケンカしたり。
キレイなお姉さんにちょっかいを出しにいったり、観光客のおばさんの撮影にまざって一緒に撮影してもらったり
この日も、息子は絶好調でした。
夜は美千代ちゃんの手料理をアパートで食べて楽しい最後の夜を過ごしました。
4日目は朝から空港に移動して帰るだけ。
のはずだったんですが。。これがすんなりいかない。
このアパートはオートロックで帰る時は、部屋机に鍵をおいて
出ればいいというシステム。
でも部屋に鍵を置くとエレベーターが動かない。美千代ちゃんとルイは夕方の飛行機なのでまだ部屋にいるので
玄関まで見送ってもらおうかと思ったけど、ルイがいるので手間になるし
階段を降りて玄関へ移動した。階段を降りるとエントランスに通じる扉がありそこを通って玄関へ。
後は玄関を空けてタクシーを掴まえるだけ。
ドアノブをまわすも。。。。玄関のドアが開かない。。。
玄関のドアは内側にも鍵穴があって、内側から鍵をかけると鍵がないと開かないようになっている。
しかたないけど、二階に戻って美千代ちゃんに開けてもらうしかないか〜と二階にあがろうと階段に行こうとしたら
今度は、階段の前にある扉が開かない。え〜っ!!
まさかのオートロック。
エレベーターも動かない。キキは携帯を持ってるけど。美千代ちゃんは持っていない。
帰るだけのはずがエントランスに閉じ込められた。。。
美千代ちゃんは、携帯を持ってないけどiPadを持ってるのでスカイプで連絡をしてみるものの繋がらない。
アパートの管理会社に電話をしても朝の8時なので繋がらない。。。
これはもうアパートに宿泊している人が外に出かけるか、外から誰かが帰ってくるしか
外に出る方法はないかな〜。どうしたらいいかな〜。と考えてたら
玄関ドアの横がガラス張りになってるので、ここを叩いて、アパートの前を通る人に助けをもとめて
美千代ちゃんの部屋のインターフォンをならしてもらって助けを読んでもらえば出れるんじゃないかと思いつく。
ぼくが、ガラスをどんどん叩いて助けを呼ぶよりも
息子を抱っこした奥さんが助けを呼んだ方が外の人にも緊急性が伝わるな〜と思ったので
奥さんに助けを求めてもらう。
ちょうどよくおばさんが通りかかって、窓をどんどん叩いていると気づいてくれた。
ジェスチャーと少し声が外に伝わるようなので、インターフォンを押してもらえた。美千代ちゃんが出る。
おばさんと美千代ちゃんのやりとりが聞こえる。おばさんはスペイン語しかはなせないらしく
美千代ちゃんには伝わらない。ぼくらの声も聞こえるかもと思って
内側から、「美千代ちゃん〜!助けて〜!!」と大声で叫んでみたが
美千代ちゃんには聞こえないらしく。インターフォンが切れてしまった。
なんどかインターフォンを押してもらったり、他の階のインターフォンを押してくれたりとおばさんもなんとかしようとしてくれてる。
しかし、結局どうにもならず。。おばさんがゴメンね。というようなそぶりでどこかに行ってしまった。
。。。。。。。。
。。。
9時半には空港の搭乗口にいなければ行けない予定。
初日に来た時は、タクシーで空港からアパートまで30分くらいだったので
余裕を持って8時に出れば間に合いかな〜。と8時に部屋を出た。
時計を見ると8時30分。ヤバいヤバい〜
。。
。。。
どこかに行ってしまったと思ったおばさんが携帯で話しながら戻ってきてくれた。
どうやら、誰かを読んでくれてるらしい。
ほどなくしてサイレンが聞こえて来たので、そうか。警察を読んでくれたんやな〜と思ってたら
サイレンは遠くへ。。
あれっと思ってるとおっちゃんが来た。
鍵の束を持ってたので鍵屋さんか?と思っていたら
このアパートの鍵を持っていたらしく、開けてくれた。
時計を確認するとまだ8時30分を少し過ぎたところ。
お〜!!!助かった〜!なんとか間に合いそうや〜。
おっちゃんとおばさんにお礼と言って。タクシーを掴まえるために大きな通りへダッシュ。
すんなりタクシーを掴まえる事が出来て
なんとかかんとか帰りの飛行機には間に合った。

美千代ちゃんたちも同じような目にあったら大変だと思い。
空港からキキの携帯で美千代ちゃんの旦那にスカイプでメッセージを連絡を送ってもらった。
何事も無く帰れたかな〜。

最後の最後まで濃〜いスペインの旅だったな〜
でも絶対また来たいな〜
スペイン語は巻き舌で関西弁に似てて親近感湧くし。暖かい国だからか、陽気な人が多かったような気がする。

今度は、バルセロナ以外のとこも行ってみたいな〜
イッショニシャシントッテクダサイ〜と言われてデレデレの息子うらやまし〜ぜっ。この日も息子は、たくさんの人たちと接していました。
f0182005_14224594.jpg
f0182005_14205790.jpg
f0182005_14285512.jpg
f0182005_14283671.jpg
f0182005_14245797.jpg
f0182005_14232658.jpg
f0182005_14230680.jpg
f0182005_14214114.jpg

f0182005_14212291.jpg
f0182005_14222373.jpg
f0182005_14220327.jpg
f0182005_14241353.jpg

f0182005_14243433.jpg
f0182005_14270893.jpg
f0182005_14281697.jpg
f0182005_14272948.jpg
f0182005_14264554.jpg


[PR]
by nakagawa-takao | 2014-05-24 14:36 | Travel | Comments(0)
バルセロナ2日目。サグラダ・ファミリアは入るだけでもチケットを買うのにものすごく並ぶらしく
前もって予約をしていたので、朝の9時にはサグラダ・ファミリアに行かないといけない。
宿泊してるアパートからは、徒歩でいける距離だったので
バスやメトロを使わずに徒歩でサグラダ・ファミリアへ。
初めての町で迷うかと思ったけど、大きいので遠くからでもすぐわかり
すんなり到着。9時少し前に着いたら、すでにすごい行列。
看板を見てみると、行列はすでにチケットをもっている人たちが並んでいるらしく
ぼくらもそこの列に並ぶ。
昨夜合流した美千代ちゃんの息子ルイは、1歳になったばかりなのでベビーカーで行ってたんですが
ベビーカーは優先して入らしてくれるらしく別の入り口から入れてくれた。ラッキー。
サグラダ・ファミリアは外観も素晴らしかったけど、内装もとんでもなく素晴らしかった。
まず屋根の高さにビックリ。大きなステンドグラスが、壁のいたるところにあり。色とりどりの光が入ってきてる。
朝だったので、人もそんなに多くなく、ゆっくりじっくり見る事が出来た。
中を心おきなく見て、外に出て、前にある公園に移動。
この公園は世界で一番贅沢な公園だと思う。
公園のどこにいてもサグラダファミリアがみれる。
小さな子どもが遊べる遊具や砂場があり。息子とルイも大喜び。
ぼくは、子どもたちを奥さんたちに任せてスケッチ。
最高に贅沢な時間。スケッチしている間は、ず〜っと夢見心地でした。
この公園には、他にもスケッチしている人がたくさんいました。

午前中たっぷりサグラダ・ファミリアを堪能して1回アパートに帰りみんなでお昼寝。
夕方からはガウディのもう1つの作品。カサ・バトリョへ。
日本語の音声ガイドがオススメらしいので
ガイドを聞きながら、見学したんですが、感動と感心のしっぱなし。
写真や映像で見てもわからなかったガウディの建築のスゴさに圧倒されました。
いまも住んでる人がいるらしいので、ぼくも1回住んでみたいなと本気で思った。

大人の楽しめるとこやけど、子どもは退屈するかな〜と心配だったんですが
息子たちは、おおはしゃぎで走り回りまわる走り回る。
夕方だったので見学の人の数もそこまでじゃなかったので助かりましたが、ヒヤヒヤでした。。

フランスに来てからどんどん社交的になる息子でしたが
情熱の国スペインにいって、何かが弾けたようで
観光客の多い場所に行っても、自由に走り回り。外国のお姉さんにちょっかいを出しにいき。
知らないおじいさんおばあさんにかまってもらって大満足の様子。
親の心配はどこ吹く風で。自分からガンガンいろんな人に話しかけまくってました。
外国の子どもに囲まれて遊具で遊んだり。
夕方に立ち寄った八百屋さんで買い物をしていると
オレンジを袋いっぱい抱えたスペインのおじいさんにむかって
「なにもってるの?」といって袋の中をのぞきにいったり。

1日中走りまわって。1日中おしゃべりして。
夜はドロのように眠ってました。

とにかく息子も楽しそうで良かった良かった◎

3日目に続く。

f0182005_18492508.jpg
f0182005_18513616.jpg
f0182005_18494301.jpg
f0182005_18495958.jpg
f0182005_18502302.jpg
f0182005_18144894.jpg
f0182005_18132756.jpg
f0182005_18150946.jpg
f0182005_18134885.jpg
f0182005_18153276.jpg
f0182005_18175432.jpg
f0182005_18185750.jpg
f0182005_18182690.jpg
f0182005_18192145.jpg
f0182005_18225894.jpg
f0182005_18221988.jpg
f0182005_18215868.jpg


f0182005_18164790.jpg
f0182005_18155863.jpg
f0182005_18210775.jpg
f0182005_18204190.jpg
f0182005_18213690.jpg
f0182005_18125110.jpg

[PR]
by nakagawa-takao | 2014-05-23 18:32 | Travel | Comments(0)
ついに行ってきました。情熱の国スペイン。
めちゃめちゃ濃厚な3泊4日の旅でした。
フランスで泊めて貰ってるキキと友人の美千代ちゃん。美千代ちゃんの息子のルイ君と5人の旅。
美千代ちゃんとルイは、別の飛行機なのでバルセロナで合流。

初日は、夜の8時頃にバルセロナに着いたので、宿泊するアパートに行くだけだったんですが
タクシーの運転手さんが気を効かせてサグラダ・ファミリアの前に車を止めてくれました!
中学生の頃に社会の教科書で見て
いつか見てみたいと思っていたサグラダ・ファミリアをついに見た瞬間は全身がブワ〜っと鳥肌が立つくらいの衝撃でした。
自分のカメラで写真に撮ってみても、ウソみたいな写真になるほどすごい建物でした。
サグラダ・ファミリアへは、2日目の朝に行くつもりだったので、突然のサプライズに大感動。

興奮さめやらぬまま宿泊先のアパートへ到着。
晩ご飯を食べに行きたいけど、まずは、荷物を部屋に置いてからと思い。
アパートに入る。アパートはオートロックでキレイな外観。良いい感じ。
部屋が2階なのでエレベーターで2階へ。。。。と思ったもののエレベーターが動かない。
なんで?2階のボタンを押してるのに、まったく反応がない。
ボタンの横を見ると鍵穴がある。エレベーターのボタンの横に鍵穴ってどういう事?と思ったけど
もってる鍵を差してみると。ピッタリ入る。鍵を回してもう1度ボタンを押すとエレベーターが動いた。
部屋の前に到着。部屋に入ろうと鍵をまわすもグルグルまわる。2回転ほどまわって鍵が動かなくなったので開いたかな?
と思って扉を押しても引いてもビクともしない。。
ん?。。何これ?何度も試してもドアが開かな。
階を間違ったんかな?と思い。ひとつ下の階へ移動。すると今度は鍵が鍵穴に入らない。。
やっぱりさっきの部屋で合ってたんや。
もう1度2階に戻って、鍵を回す。鍵は回るけど、ドアが開かない。何度やっても開かないので
これは、アパートを貸してくれた会社に電話するしかないか。と
キキに電話で話してもらっている間に、鍵を回してると。突然カチリとドアが開いた。
めためちゃ微妙な力加減で鍵を回さないと鍵があかないらしく、この後もバルセロナに滞在中は、毎回この鍵で手こずりました。。なんちゅ〜微妙な鍵や。。

夜も遅くなってしまい。レストランやスーパーが閉まってしまったので
近くにあるバールで晩ご飯を食べてきました。
スペインに行く前に散々奥さんから、
「スペインは怖いとこやから、スリや強盗に気を付けなアカンよ」とビビらされたので
ドキドキしながら、夜の町を歩いた1日目。
息子は、日本ーフランス間の飛行時間も平気で楽しむくらいなので、フランスースペイン間の1時間半の飛行機は、へっちゃらなようでした◎

2日目に続く。

f0182005_01334162.jpg
f0182005_01340831.jpg
f0182005_01342523.jpg
f0182005_01344687.jpg

[PR]
by nakagawa-takao | 2014-05-23 01:35 | Travel | Comments(0)
展覧会も終わり、天気もいいので、昨日はマレ地区にブラリと行ってきました。
前回フランスに来た時にも友人ぬ進められて行った町なんですが
この辺は、町並みも雰囲気がよくて、路地裏やアパートの中庭のような場所でブロカントをやっていたりして
ブラブラするだけで、わくわくするような素敵な場所。
前は、ホントにちょこっとだけ、お店が出ていただけだったんですが
今回は、季節がいいためか、かなりたくさんのお店が出ているブロカントをやってました。
友人への出産祝いを買ったり。お土産を探したり。
家具やキャンパスにリアルな動物を描いているマダムが出店していて
息子がその絵を気に入ったらしく、5㎝角くらいの動物の絵を種類ごとに
「きりん」「ちーたー」「ねこ」「うま」「らいおん」「ぱおくん」「これは?」
などと言いながら種類ごとに並べていると
マダムが近くにきて、息子にむかって「動物が好きなの?気に入ったようだから、キリンの絵をプレゼントするわ」
というような事を言って小さい絵をプレゼントしてくれた。ビックリ。
ほかにも、出産祝いを買ったお店でも、おまけをつけてくれたり、まけてくれと交渉してくれた訳じゃないのに
半額にまけてくれたりと息子の愛嬌でいろいろお得な買い物をした。
いつも愛嬌のいい息子のおかげやな〜♨

今日の夕方からスペインに行くために、午後からはしっかり仕事。
&今朝も早起きして仕事。なんとか進めたいとこまでは進められそう。

スペインへは、パソコンを持っていかないので、スペインから帰ってきたらレポートします。
あ〜サグラダファミリア楽しみやな〜

f0182005_11564429.jpg
f0182005_11570515.jpg
f0182005_11543597.jpg
f0182005_11541063.jpg
f0182005_11562409.jpg
f0182005_11551119.jpg
f0182005_11553876.jpg

[PR]
by nakagawa-takao | 2014-05-19 11:58 | Travel | Comments(0)