イラストレーター KUNIYOSHI

近所の府中市美術館で開催していた歌川国芳の展覧会を見てきました。
北斎や広重、歌麿、写楽、月岡芳年など好きな浮世絵師は沢山いますが、中でも歌川国芳は大好きな浮世絵師。
近いのでうっかり忘れてましたが、今日が最終日。なんとか滑り込みで見に行けました。
いままでいろいろ浮世絵を見てきましたが
今回の国芳の展覧会を見て、この人はイラストレーターだったんやな〜と感じました。
浮世絵師全体にも言える事かもしれませんが、特に国芳はイラストレーターなような気がします。

役者絵が禁止されたら歌舞伎役者を魚に置き換えて描いたり。
花魁の絵を描くのが禁止されれば雀に置き換えて描いたり。
政治に不平不満がある時は、お役人を将棋の駒に置き換えて争ってる絵を描いたり。
カラフルな表紙の読み物が禁止されれば、単色で描いたりと
どんな事に関しても対応力が本当に凄いなぁ
イラストレーターとして見習うべきところがいっぱいある人でした。

いや〜
見れて良かったな〜


本日の絵しりとり。前回が『胃袋だったので「ろ」から
『6』

添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
f0182005_19411188.jpg

[PR]
by nakagawa-takao | 2017-05-07 19:43 | 絵しりとり | Comments(0)