いのうえようすけ

昨日は、新宿大京町のアートコンプレックスセンターで開催されている「井上洋介大誕生会」を見に行ってきました。
井上洋介さんの絵本は何冊も持ってるし、原画も見た事あったけど
昨日の展覧会では度肝を抜かれました。
井上さんの絵は暗くてドロドロしている雰囲気があって、そんなに好きじゃなかったんですが
今回の展覧会場で流れてた井上洋介さんと谷川俊太郎さんのインタビューを見て展覧会を見て
いっきに印象が変わった。印象が変わったというより井上洋介さん本人が大好きになった。

子どもの頃に戦争を体験して、その体験の凄まじさは、井上洋介さんの中にずっとずっと残ってたんやろ〜なぁ。。
インタビュー中には「笑う事を許されない時代だった」と語られていた。
そんな時代に生きても絵を描く事が生きるすべだったと。
その言葉は展示されている作品を見れば一瞬で納得できる。
井上洋介さんご本人にはお会いした事ないけど、バイタリティー溢れる人だったんだなと思った。
描かずにはいられない人。
そんな展覧会を見て刺激を受けない訳がない。

大きい絵が描きたい!描こう!
もっともっと絵が描きたい!

まだまだ感じた事や思ってる事はあるけど、上手く文章には出来ないので
この思いは、絵に込めて描いていきます。

いい展覧会を見た。

展覧会は12日までなので、まだ見られていない絵描きさんはぜひぜひ見に行ってください!


本日の絵しりとり。前回が『のびのび』だったので「び」から
『ビックリ』

添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
f0182005_16292308.jpg

[PR]
by nakagawa-takao | 2017-03-10 16:30 | 絵しりとり | Comments(0)