バタバタきこく

今回はブリティッシュエアーで行ったので
行きも帰りもロンドンのヒースロー空港で乗り継ぎがありました。
行きは、1時間半の乗り継ぎ時間。
帰りは1時間の乗り継ぎ時間でした。
行きの乗り継ぎも入国審査がやたら時間かかったので終わった時点でもう離陸時間。ダッシュでゲートに行き滑り込みでなんとか乗れたんですが
帰りは、行きよりもさらに短い1時間。
だから、飛行機から降りる時も、さっと降りられるように準備して
すぐにセキュリティーチェックのゲートを目指しました。
急ぎの乗り継ぎの人は早く通してくれたので、すんなりセキュリティーチェックのゲートまで辿り着きました。
この時点で残り30分。
まぁ30分あったら大丈夫やろうと安心していたんですが
まさかの手荷物チェックで引っかかってしまって
チェック待ち。
そのチェックの人がのんびりなのと、同じように引っかかってる人が沢山いて
どう考えても間に合わない雰囲気。

とりあえずゲートまでぼくだけでも行って
係りの人に待ってくれるように頼む事にしました。

ダッシュしてゲートに向かうもヒースロー空港の広さったら。。
トラムみたいな奴にも乗らなあかんし。
エスカレーターはやたら長いし。
ぼくがゲートに着いた時に、ちょうど離陸予定の時間。
係りの人に、奥さんと息子がセキュリティーチェックに引っかかってるというのを伝えて
なんとか待ってくれるように頼むと
悲壮な雰囲気が伝わったのか
係りのお姉さんが、もうギリギリだわよ。少しだけなら待てるわ。
みたいな感じで優しい顔をしてくれた。

待てども待てども2人はやってこない。
正確にはわからんけど、15分〜20分くらいは待ってくれてたと思う。
その間もジャンジャン係りのお姉さんには電話がかかって来てた。

20分くらいたった頃に、もうダメだわ。
みたいな表情のお姉さん。
その5分後くらいに奥さんと息子がゲートに到着。

係りの人にどうすればいいのか聞くと、いま荷物を降ろしてるから
もうちょっとしたら他の便を取りにカウンターまで行きなさいと教えてくれた。

それでそのカウンターに行くとそこのおっちゃんがまた最高にいい人で
いろいろと探してくれました。
どうしても直で日本に行ける便がないから香港で乗り継ぎでもいいか?
今日の便は全部埋まってるから
明日の便でもいいか?と聞かれて
それは困ると言うとなんとかかんとか探してくれてANAの席を取ってくれた。
おたくの息子が可愛いくて気に入ったぜ!
みたいな事を言ってた。
席は取れたけど、どこに行ったらいいかわからない。
とオロオロしてると、そのカウンターを離れて次の手続きの場所まで直接案内してくれた。

この時は、思わず感極まって泣きそうになりました。

結局予定よりも3時間遅くなったけど、無事に日本に辿り着けました。
辿り着いた後にもいろいろ問題はありましたが
それは、またぼくに直接会って聞いて下さい(笑)

今日は疲れたので絵しりとりはお休みします〜


f0182005_22335154.jpeg

[PR]
by nakagawa-takao | 2016-10-07 20:03 | Travel | Comments(0)