おわりよければすべてよし

13日から開催していた「オモチャバコ4」が無事に終了しました。
平日はお客さんも少なくてのんびりした雰囲気でしたが
最終日の今日はギャラリーのespace Japonで折り紙教室があったのもあり
人が多くてダンボールで型を僕がカットしたもの(動物や刀など)に絵の具で色をつけるワークショップも大盛況でした♪
子どもが絵の具を使うと服は汚れますね(笑)
全然ほったらかしのお母さんもいれば、付きっきりで服についた絵の具を拭いているお母さんも居て面白かったです。

折り紙教室が終わる頃に展覧会も終了して搬出をやってる途中にやってきた
フランス人の家族(お母さん、お姉ちゃん(6歳くらい)弟(4歳くらい))が
ワークショップをやりたいんだけど、出来ないか?と聞いてきたので
「ごめんなさい。もう終わってしまって、片付けなんです。。」と言って断ったんですが
搬出をしている最中も、さっきまでワークショップをしていた子どもたちの作品がまだ乾いてなかったので
そこで絵の具を乾かしていました。
するとさっきのお姉ちゃんがダンボールの切れ端に使い残った絵の具で
楽しそうに色を塗っていました。
あまりに楽しそうだったのでカットはしたけど、使わずに余っていたトリのモビールがあったので
これに塗っていいよお姉ちゃんに渡した。

またちょっと経つと今度は弟の方も来たので
これまた余っていた刀をあげた。
二人は大喜びで夢中になって色を塗っていました。

1時間ほどした頃に、二人の作品も完成してお別れの挨拶とお礼を言いに来たので
バイバイをした。
少ししたらまたお姉ちゃんがやってきた。
表に飾ってる飛び出し注意の看板(息子風)が欲しいという。
息子にそっくりで愛着があったけど結構デカいので
捨てて帰るしかないな〜と思っていたので喜んであげることにした。
するとその家族はとてもとても嬉しそうにして一緒に写真を撮ろうと言ってくれた。

ギャラリーの前で記念撮影。
後からフェイスブックで写真を送ってくれました◎
「子どもたちに優しくしてくれてありがとう。あなたの絵はとっても素敵で才能があります。」
というメッセージつき。
あんなに喜んでくれるとホンマに嬉しいな〜

最後にいい笑顔が見れて気持ち良く展覧会を締めくくれました♪

一週間の展示はあっという間だったな〜
楽しかった〜

家の近所に帰ってきてアントワヌとキキと一緒にささやかな打ち上げをして締めくくりました。
f0182005_06271977.jpg
f0182005_06263661.jpg
f0182005_06253911.jpg
f0182005_06244184.jpg
f0182005_06235614.jpg

[PR]
by nakagawa-takao | 2016-09-18 06:31 | Travel | Comments(0)