フランスの家庭料理

昨日は、朝ご飯を食べて、前の晩から出てみたかったお庭に出て散策。
散策出来るくらい広〜い。
庭には、もも、さくらんぼ、アプリコット、プラム、木いちご、リンゴなどなど沢山の果物の木があって
アントワヌのお母さんは、庭で獲れたくだもので、手作りジャムをそれぞれの種類作ってる。
子ども用の小さなブランコがあったり。小さな物置小屋があったり。小鳥の巣箱があったり。
これが庭の木ですかってくらい大きな木が何本もたってたり。
ステキ過ぎる庭。息子はブランコが気に入ったらしく
お出かけする直前までブランコに乗ってました。
午前中は、家から車で30分ほどいった町でやってるブロカントへ。
ここは、近所の人たちが家族でやってきてフリーマーケットをやっているような雰囲気で売っているものも、ビックリするくらい安い値段。
天気もよく暑いくらい。
お昼はお母さんが料理を作って待っていてくれるのでいったん家に帰る。
帰り道に気になったお城によったり。小さな田舎町を通ったり。
フランスの田舎に住みたくなるようなところばかり。

お母さんの料理はどれもいままで食べた事がないようなものが出て来て
これがフランスの家庭料理か〜と感動しっぱなし。
味もさることながら、量がスゴい。
大きな皿にド〜ン。もうお腹いっぱいで入りません〜っていうくらい食べた後に
「チーズはいかが?」「ヨーグルトはいかが?」
と聞かれる。それを食べたら終了かなと思ったら
「デザートにアプリコットのタルトはいかが?」と次から次へと料理が出て来る。
どの料理も美味しいので、パンパンのお腹なのに食べてしまう。
最後のタルトが出た時は、ホンマに入らないので小さく切ってもらって食べたら
「そんなに少ししか食べないの?食べ切るまでに何日かかるかしら?」と笑われてしまった♨

午後からは、車で5分ほどの近所にある「車とバイクと自転車の博物館」へ。
祝日なのに(祝日だから?)全然人がいなくてお客さんはぼくたちだけの貸し切り。
息子もぼくもテンションがあがってはしゃぎまくり。
ぼくはスケッチをして息子は、無人の館内をあっちへ行ったりこっちへ来たり。走り回ってました(笑)
夕方までたっぷり博物館を楽しんで。家に帰って晩ご飯までの時間をのんびり過ごす。
みんなそれぞれ思い思いの事をしてました。息子とキキはお昼寝(夕寝?)
アントワヌに庭を案内してもらう奥さん。ぼくは、庭から見える家をスケッチ。
贅沢な時間の使い方やな〜。

そして、晩ご飯もお腹がはちきれるほど食べて就寝。
今日は、何をしよ〜かな〜

f0182005_16334537.jpg
f0182005_16314690.jpg
f0182005_16344429.jpg
f0182005_16342691.jpg
f0182005_16340588.jpg
f0182005_16321929.jpg
f0182005_16331119.jpg
f0182005_16324371.jpg
f0182005_16310580.jpg
f0182005_16303677.jpg
f0182005_16294776.jpg
f0182005_16285801.jpg
f0182005_16292543.jpg
f0182005_16284312.jpg
f0182005_16300765.jpg
f0182005_16281986.jpg

[PR]
by nakagawa-takao | 2014-05-30 16:38 | Travel | Comments(0)