チュニジア旅日記その6

チュニジアは南へ行くとほとんどが砂漠です。
砂漠と言っても、想像するようなさらさらの砂の砂漠じゃなくて、礫砂漠、岩砂漠といった
石や岩がゴロゴロしている砂漠です。
町は基本的にはオアシスにしかないみたいで。
車で移動していると、砂漠→オアシス(町)→砂漠→オアシス(町)といった感じで。
町と町の間は、砂漠です。
距離も何十キロも離れてたりするのに、砂漠の中を普通に人が歩いてたり、ヒッチハイクしてたりします。
学生みたいな子たちも、学校帰りみたいな雰囲気で砂漠を歩いていたりするのにはビックリしました!!(いったい何キロ歩いて通ってるんやろ。。。)

ラクダもその辺にたくさんいて
基本的には放し飼いみたいです♨放漠っていう奴です。
あんなに自由にしてて逃げへんのやな〜(笑)

なぜか動物園にも行ったんですが、そこで驚いたのが
ライオンの檻の中に入って、普通にデッキブラシで掃除をしているお兄ちゃんを見つけた時です!
羊の足か何かを拾ってライオンの方に見せてました(汗)
その他にも、どこでも見れるラクダが檻に入っていたり。
カラスが檻に入っていたり。孔雀は檻の外にいたり。
ライオンの檻はちゃちいのに、ダチョウの檻はめちゃくちゃ広くて、立派だったりと
ツっコミどころ満載の動物園でした(笑)

5日目まではこんな感じで、6日目にはついに砂の砂漠へ

その6へ続く。

何度もぼくたちの側を行ったり来たりして声をかけてきたおっちゃん
f0182005_2015524.jpgf0182005_2016612.jpgf0182005_20165273.jpg
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     チュニジアには、鳥カゴがいろんな所にありました。
f0182005_2018465.jpgf0182005_20182817.jpgf0182005_20192478.jpg
[PR]
by nakagawa-takao | 2010-06-08 20:19 | Travel | Comments(2)
Commented by のな at 2010-06-09 10:19 x
こけしやと思ったら、新婚さんやんか!
Commented by nakagawa-takao at 2010-06-09 10:50
>のなちゃん
誰がこけしやねん(笑)