チュニジア旅日記その4

チュニジアは北アフリカの中でも1 番北にある国で
地中海にも面していいます。
なので、地中海に面している町のシティブサイドなんかは、白い壁に青い扉のオシャレな作りです。
町全体も美観地区に指定されているらしく、白い壁に青い扉の家ばっかりでした。
反対に南に行けばサハラ砂漠が広がっていて
南に行けば行くほど、どんどん町に色はなくなり、人は少なくなり、水も少なくなります。

今回のぼくたちの旅は北にある首都チュニスから、毎日少しずつ南へ行き
最終的には飛行機でチュニスに戻るという旅でした。
チュニスは想像していたよりも都会過ぎて、ビビりまくってましたが
南へ行くに連れて少し落ち着き。チュニジアの町や村の人たちとも接っする事が出来るようになってきました。
2日目の夕方に、ケロアンという町の旧市街に行って少し買い物をしたんですが
その時の奥さんの値切り方には、ビビらされました(笑)
まだ2日目で言葉もほんとんど理解出来ないのにも関わらず
現地のおっちゃんの熱い交渉に1っ歩も引かず
最終的には、そのおっちゃんが半泣きになるくらいの値段まで値切った時には
『この人に付いて行こう!』と心のなかで誓うほどの逞しさでした(笑)

やっぱり大阪の女はたくましいな〜♨

ケロアンの町
f0182005_0451493.jpg
[PR]
by nakagawa-takao | 2010-06-06 23:56 | Travel | Comments(2)
Commented by スギーリトルバード at 2010-06-07 13:01 x
相手が本当に嫌がる顔をするまではひいてはいけません。アジアでの体験談。
Commented by nakagawa-takao at 2010-06-07 15:23
>スギーリトルバード
なるほど◎ある程度の値切りで買った時は、めちゃめちゃ喜んでもんな〜。
ラインをちゃんと見極めないとアカンのやな〜