お通夜は、明日なんですが昨日から
弟と従兄弟たちとじーちゃんの家に、泊まり込んで寝ずの番をしています。
使ってる線香が30分で、燃え尽きてしまうので、頻繁に、火をつけねばなりません。
そして、寝ずの番すると張り切って集まっているのに、何度も線香の火が消えてしまってます。。
まぁこういう事は、気持ちが、大切なんかな。
明日はお通夜。
少しでも、じぃちゃんのそばに居たい。
みんなで、集まって話をしてると、どんどんじーちゃんとの、思い出を思い出す。
ホントに、いろんな事があったなぁ。

この時間がとてもとても愛おしいなと感じる。

■  [PR]
# by nakagawa-takao | 2015-05-28 23:45 | About | Trackback | Comments(0)
去年から、じーちゃんの体調が良くなくて入退院を繰り返していて。
ぼくも何度も和歌山と東京を行ったり来たりした。
入退したと聞いて飛んで帰っても、じーちゃん本人は、意外と元気そうで、話す様子にもいきおいがあったし、食べるものもしっかり食べれてたので、まだ大丈夫かなという思いがあった。
でも、5月1日に入院して、今回はご飯もあまり食べれないようで
お医者さんにも、もう退院は出来ないと言われたらしく、じーちゃんも落ち込んでいるみたいだった。
今年のゴールデンウイークは、もう和歌山には帰ってこない、つもりだったけど
友人の結婚式があったので、帰る事にした。

やはりじーちゃんは、目に見えて弱っていた。座ったままご飯が食べれないほどに、身体も弱っていたし。気持ちも、弱っていた。
もう覚悟が出来ているような様子だった。


じーちゃんは、ウソをついたり、ビックリさせる事が、大好きで。小さい頃から僕たちは、しょっちゅうダマされたり。驚かせれたりした。
トラックの運転手をしていたじーちゃんは、夜は家に、居ないけど、お昼間仕事の前には、よく僕たちの家に様子を見に来た。
その様子を見に来かたが、可笑しかった。
ドアから入ってこないで、静かにリビングの窓を庭から覗きこんでいる。
まさかそんなとこに人が居ると思っていない僕たちがビックリすると、ニヤっと笑って
持って来た漬け物を窓から渡して帰る。
それが一回や二回や十回や二十回ではなく、毎回同じ事をやる。
そして、僕たちは、毎回同じ事で驚かされた。
さすがに高校生くらいになると、驚かなくなって、「また窓からじーちゃん覗いてるどー。誰か開けたれよ。」となった。
それでも、じーちゃんは同じ事をし続けた。

釣りに行くのが好きなじーちゃんは、仕事が休みの時には、僕たちを釣りに、連れて行ってくれた。
僕たちは、釣る事よりも、川遊びをしてる方が楽しかったから、途中からは川に入って遊んだ。
肺の病気になって仕事を辞めてからも、しょっちゅう釣りに行っていたので、当時付き合っていた彼女(いまの奥さん)も何度か一緒に釣りに連れて行ってもらった。
のんびりしている雰囲気が大好きだったので、もっともっと一緒に行きたかったなと思う。
そんな大好きな釣りも、ここ数年行けなくなってしまい。
外に出る回数は減っていった。

ここ数ヶ月は、病院と自宅を行ったり来たり。
家に帰って来ても、ベッドから動けなくて、ほぼ寝たきりに近い状態だった。
若い時は仕事で、ほとんど家に居なくて、居る時は寝てるときだけ。
仕事を引退してからも、釣りに行って帰って来るのが遅くなって、ばーちゃんに心配をさせた。

身体が弱ってきてから、ようやく2人で居る時間が出来て楽しそうだった。
何十年も、連れ添った夫婦の理想のような仲の良さだった。
じーちゃんは、実は寂しがり屋で、いつもばーちゃんに、そばに居て欲しがった。
そばにいても自分は、好きな映画ばっかり観てるのにね(笑)
でも、ばーちゃんはそれでも嬉しそうに、「じーちゃんとばーちゃんは、どっちが長生き出来るか、競争してるんやで」と言って笑ってた。

まだまだじーちゃんとの思い出は、数限りなくある。
嘘つきで、悪戯好きで、釣り好きで、ばーちゃんの事を、大好きだったじーちゃんが、ぼくは大好きだった。

そんな大好きなじーちゃんが、今日なくなった。

■  [PR]
# by nakagawa-takao | 2015-05-27 23:30 | About | Trackback | Comments(0)
前回は「く」だったので今日は「け」

9つめ「け」
ケッコウ デカイナ コノコ

添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。


■  [PR]
# by nakagawa-takao | 2015-05-27 13:17 | カルタ | Trackback | Comments(0)
今日は、打ち合わせで新宿に出る事があったので
打ち合わせのあとに、原宿に移動して展覧会巡りをしていたんですが
その途中に、オープンカーが信号待ちをしていました。
まぁオープンカーはいいんですが、周りにガンガン聞こえるほどの大音量で音楽をきいてました。
その音楽は、だれもが1度は聞いた事があるような有名な曲だったので
なんだかなぁ〜となってしまった。。

そもそもオープンカーで大音量で音楽をかける事自体が恥ずかしいのに
さらにミーハーな曲をかけているなんて。。。
年齢もそんな若者でもなくいい年したおじさんだったんやけどな〜


本日の絵しりとり。昨日が『理事』だったので「じ」から
『定規』

添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。




■  [PR]
PHP研究所から出版される書籍「届け出だけでもらえるお金の本」の装画を手がけました。

これは、知らない事が多いので勉強になります◎
ぜひ本屋さんで見かけたら、中身もみてみてください。

書籍「届け出だけでもらえるお金の本」装画
井戸美枝 著
CL PHP研究所
装丁 村田隆(bluestone)
2015年

添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。


■  [PR]
# by nakagawa-takao | 2015-05-26 16:17 | Trackback | Comments(0)